All Posts

専業主婦の選ぶ消費者金融

ひとつ前のページで専業主婦でも借り入れることのできるおまとめローン消費者金融会社があることについて少し触れましたが、そのような金融会社の紹介ページになります。
日々、家計のやりくりに奮闘されている専業主婦の皆様のお役に立つことができるのであれば何よりです。
また、日々の生活費への利用はもちろんのことですが、ご結婚をなさると以後、冠婚葬祭にたずさわることも非常に増えていくことと思います。そして冠婚葬祭はいずれにしてもまとまったお金が入り用になるというのも、生々しい話ではありますが、事実です。
そのようなときに役立つのは、消費者金融会社による冠婚葬祭用プランです。冠婚葬祭用と使用用途が決まっている分、金利も安くなっておりますので、ぜひお困りの際にはご検討してみてください。

・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
銀行が大元であるカードローンバンクイックです。
こちらでは、専業主婦の方ですと最大30万円までという限られた融資にはなりますが、審査の上で専業主婦であっても融資可能となっております。

・ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」
こちらもまた銀行が大元であるため安心のカードローンです。
夫の収入証明書類の提出が必要にはなりますが、専業主婦の方でも申し込みが可能になっています。
現在2014年1月14日から、2014年6月30日までの期間限定ではありますが、初回利用に限り100日間の無利息キャンペーンを実施しております。

銀行、消費者金融、キャッシングの金利とは?

行政が行っている生活福祉資金貸付制度のように無金利でもない限り、消費者金融も銀行も、クレジットカードでのキャッシングにも金利があります。
キャッシングの金利とはいったいどんなものなのでしょうか。

公式ホームページを覗いてみると金利が必ず書かれています。
それは金利という表記ではなく、実質年率や借入利率などさまざまな呼び名になっていることがありますが、金利であることに変わりはありません。
金利とは借入金がに対して年間でいくらの利息を支払うのかという割合になります。
そのため実質年率や借入利率とも呼ばれているものです。

金利が幅があり、その幅が消費者金融や銀行の特徴になっています。
消費者金融では上限金利が18.0%であることが一般的となっており、銀行は15.0%を超える金利は高いとされています。
また消費者金融はどの金利が適用されるのかは明確にはなっておらず利用してみなければ判明しない現状となっていますが、銀行は融資限度額によって決められた金利がありそれを公開しています。

まとめてみましょう。
銀行の金利です。
・15.0%以上は高金利となる
・融資限度額によって金利が決まる
消費者金融の金利です。
・上限金利は18.0%になる
・利用しなければ適用金利はわからない

利息を支払うために金利を使って計算をすることとなります。
返済をするためには金利が低ければそれだけ利息が小さくなります。
金利の比較は重要ではありますが、借り入れ金額によっては影響がない場合もありますし、一回の返済で済むような借り入れ金額の時には無利息期間のあるキャッシングも有効です。