All Posts

消費者金融は学生でも利用可能?

高校を卒業し、大学や専門学校に進学すると、これまで以上にお金が必要になります。
人脈も広がり、交流も盛んになって、必要なお金の額も、これまでとはケタ違いのものになってきます。
また、将来に備えて資格を取得する費用なども準備しなくてはいけません。
親や知人に頼みこむのことも、一つの方法ですが、なかなか話しにくいものです。
そこで、学生の方は、消費者金融を利用できるのでしょうか。
最近の消費者金融は、学生の方の利用も可能になってきています。
アルバイト等で一定の収入があると認められた場合は、審査に通過することができます。
しかし、収入自体がそれほど多くないでしょうから、申込金額もあまり多くは利用できません。
一方、20歳未満の未成年の学生の方は、消費者金融の利用はできないことが多くなっています。
未成年の方が、お金を借りる契約(金銭契約)を結ぶ場合には、保護者(親)の同意が必要であると、法律で定められています。
保護者の同意の無い契約は、法律上無効となってしまうのです。
同意を得るには、保護者を保証人に取るなどの対策が必要になり、非常に手間と時間がかかってしまうのです。
学生でも、まとまったお金が必要となるのは、仕方のないことです。
カードローン ランキングを利用することも、一つの手段ですが、借りたお金は友好的に活用するようにしましょう。
くれぐれも、きちんと自分で返済できる範囲内で、今後の自分に生きてくる使い方をするようにしましょう。

信販系カードローンでお金を借りる際の注意点

急遽お金が必要になった時に、信販系カードローンを利用する、という方もいるようですが利用前に必ず金利を確認するようにすることをオススメします。
信販系カードローンの利息は一般的に銀行よりもやや高めながら消費者金融系カードローンよりは低めの傾向にあります。ですがこれはあくまで傾向であり、銀行カードローン並の金利の信販系カードローンもあれば中には銀行カードローンよりも低金利のものもある一方、消費者金融系カードローンよりも高い金利設定となっている信販系カードローンもあるので注意が必要です。ショッピング枠だけしか使ったことのない方は、キャッシングサービスを利用してもそれほど金利は高くないだろう、と高をくくりがちですが、利用前に必ず金利を確認し納得のうえで利用するようにしましょう。
それから……既に信販系カードローンをお持ちで利用する、という方であれば利用限度額内であればすぐに利用することができ便利ですが、「今日中にお金が必要になった」など現金をすぐにでも用意しなくてはならない状態になった時に信販系カードローンを申し込んでも意味がありません。
なぜなら銀行・消費者金融系カードローンの中には即日融資可能なカードローンもありますが、残念ながら信販系カードローンで即日融資に対応しているカードローンが現在のところないからです。信販系カードローンは申し込んでから受取るまでに最短でも1週間ほどかかりますし、受取方法も郵送のみと限定されている、カードを使わなくてはキャッシングサービスを受けることが出来ないため今日中にお金が必要になったので信販系カードローンを作ってすぐ利用したい、と思っても無理な話しなのです。万が一の時に信販系カードローンを使いたい、と考えている方は予めカードローンを作りお財布に潜ませておくと良いでしょう。・・・お金を借りる 簡単

総量規制とは?

キャッシングサービスを既に利用している方やこれからキャッシングサービスの利用を検討している方なら、一度くらいは「総量規制」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?
ですが、「総量規制とはなに?」という問いかけに詳しく答えることが出来る方は少ないように思います。おそらく多くの方は、「総量規制とはなに?」の問に対し「年収の1/3しかお金を借りられないってことでしょ…」と答えると思います。確かに、総量規制とは、年収の1/3以上の借り入れを原則禁止した法律です。ですが、総量規制の対象になるのは、どのような借り入れに対してなのか?全ての金融機関からの借り入れが対象となるのか?など総量規制の内容を突っ込んで聞かれた場合、明確にスラスラと答えられる方はそう多くはいないと思います。
例えば、総量規制の対象となる貸し付けは個人への貸し付けだけです。また、総量規制は貸金業法で定められた貸出制限ですから、対象となるのは貸金業者からの借り入れで銀行や信用金庫など貸金業者以外の金融機関からの借り入れは総量規制外となります。さらに、総量規制には除外や例外といったものもあります。
総量規制が施行されて以降、漠然と年収の1/3以上はどこからも貸してもらえない!と嘆いている方がいる&どこからも借りることが出来ないなら債務整理せざるを得ないかも……と悩む方が増えた、と聞きます。しかし、そういった方でも総量規制の内容をきちんと把握することで「新たな収入証明書不要の借り入れが可能」な場合もありますので、今一度総量規制について確認してみましょう。

私たちの情報源は今や手のひらに収まるサイズです。
インターネットを通じて多くの情報を得ることができます。
知りたいことのすべてがインターネットの中にはあり、それは今まで考えもしなかった新しい世界でもあります。
ところがそれほど情報があるインターネットではありますが、匿名性の高い世界であることもまた事実です。
公式とされているホームページではある程度の安心感があるでしょう。
しかし不特定の個人が匿名で伝えている情報もまた多いものです。
そこに信憑性があるのかどうか、非常に判断は難しいでしょう。

消費者金融を多くのサイトやホームページが取り上げています。
おすすめされている消費者金融もあれば危険視されている消費者金融もあります。
軒並み口コミが多いこともあれば、批判ばかりが並べられていることもあるでしょう。
これから消費者金融を利用しようと考えるとき、どのような評判になっているのかは気になるところです。
そのすべてを信頼してよいのでしょうか。
そうではないはずです。

人気のある消費者金融とそうではない消費者金融、チェックしておきたいポイントの一つに「スタッフの対応」があります。
見落としがちでもあり、またチェック項目には入ることはないものですが、お金を借りる以上、その詳細を丁寧に教えてくれる消費者金融でなくてはなりません。
例えば電話で質問をしたとしましょう。
その質問に対し丁寧に答えてくれる消費者金融もあれば、公式ホームページをご覧ください、この言葉だけで終わることもあります。
信頼できる消費者金融はどちらになるのか一目瞭然です。
スタッフの対応で評価が高い消費者金融にはプロミスがあります。
口コミサイトなどを確認してみるとよいでしょう。
プロミスは困ったときの相談もスタッフが真摯に対応してくれていることがわかります。
丁寧な対応が功を奏してか、もちろんそれだけではなく30日間無利息があるなどサービスが全般的に高評価であることも理由ではあるものの、現在の消費者金融でプロミスが最も人気の高い消費者金融です。
信頼できる口コミを見つけることは難しいでしょう。
しかしたくさんの利用者の声からその消費者金融を見極めることはできるはずです。

低金利でお金を借りる

キャッシングをする目的として、融資が受けやすいところを選ぶ、できれば低金利でお金を借りたいといったことを考えますが、融資が受けやすいところといえば消費者金融、低金利でお金を借りるときは銀行カードローンから選択することになります。
即日融資を希望するときは、消費者金融が有利ですが、銀行カードローンの比べて金利の高いところがデメリットで、消費者金融に比べてお金 借りる審査が少し厳しくなりますが、金利を抑えて借りたいときは銀行カードローンの利用になります。
消費者金融は銀行から融資を受けて貸出しているので、銀行カードローンの金利より高くなるのは仕方のないことで、大手消費者金融のほとんどのところが下限金利4.5%〜上限金利18.0%とほとんど同じになっています。
銀行カードローンはそれぞれの銀行の融資基準が違うため、銀行によって金利がちがい、たとえば住信SBIネット銀行のカードローンは下限金利1.99%〜上限金利7.99%、融資限度額は最大で1,000万円、オリックス銀行の銀行カードローンは下限金利3.0%〜上限金利17.8%、融資限度額は最大で800万円となっています。
金利を比較するとき、融資金額が多くくなるほど下限金利に近づきますが、日常生活で使う程度の利用金利は、上限金利になるので上限金利で比較することが判断基準になります。
ただ、金利が低くなればなるほど審査はきびしくなるので銀行カードローンの低金利を利用するときは、それなりの属性が必要になります。

消費者金融に申し込む前に知っておきたい注意点

初めて消費者金融を利用する際、メリットだけではなくデメリットについても知っておく必要があります。どんなデメリットがあるかについて理解し、納得した上で申し込みをするなら、後で後悔する事を避けられます。消費者金融を利用する際の注意点について考えてみましょう。
まず、正規の消費者金融ではない悪徳業者、つまりヤミ金が存在しているという事を知っておきましょう。ヤミ金に手を出すと、様々なトラブルに巻き込まれかねません。ですから、消費者金融を利用する際にはまず登録業者かどうかを確認しましょう。金融庁のホームページから登録業者を確認できます。
また、消費者金融の金利は高いということを理解しておきましょう。消費者金融には利息制限法が課せられていて、金利は年15%から20%と定められています。少額で利用する場合は最高の利率が適用される場合がほとんどです。少ししか借りなくても、利息が加算されると返済額が大きくなります。
借金をしたら確実に返済をすることが基本条件ですが、万が一返済を滞納すると、信用情報に傷が付き、後に新規で借り入れをしたい時に不利になります。さらに、長期的に滞納をしてしまうと消費者金融から訴訟を起こされる場合もあります。最悪の場合、給料や財産が差し押さえられ、こうなると会社や家族にも迷惑をかけてしまいます。
気軽に利用できるようになった消費者金融ですが、注意しなければならない事もたくさんあります。本当にカードローン 比較借り入れが必要なのか、借り入れるとしたら自分の収入の範囲内かどうかをしっかり確認しましょう。

スピードキャッシング・即日振込対応時間

スピードキャッシングに300万 借りる申込みし込み契約まで至ったのに残念ながら当日中に融資してもらうことができなかった、という例は少なくないと聞きます。審査が通り契約を結べばすぐに振込キャッシングしてもらえるはず、と思い込みスピードキャッシングに申込みされる方も少なくないようですが、金融機関によって振込対応時間、カード発行可能時間などが異なっており審査に通ったといっても即日お金を手にすることが出来ないこともあります。
例えば、プロミスであれば平日14時までにWEB契約を完了する、アコムの場合は平日14:00までに契約完了・必要書類の確認をすませることが即日振込みの条件となっています。
また、モビットであれば平日14:50までに契約・振込手続きを完了することができれば当日中に振込みしてもらうことが出来ますし、三菱UFJ銀行 バンクイックであればインターネットから申込み平日13:30までに契約・本人確認書類をファックスで送ることができれば即日指定口座に振り込んでもらうことが出来ます。このようにスピードキャッシング・即日振込対応時間は各金融機関により異なるため当日中に融資を受けたいという方は予め諸条件を確認する必要があります。
ちなみに、上記金融機関の場合無人契約機・自動契約機もあるので、振込対応時間までに手続きが間に合わなかったという場合でも、無人契約機・自動契約機(営業時間は各金融機関で異なりますが平日は21:00頃まで対応していることが多い)へ出向いてカードを受取ることですぐに融資を受けることが出来ます。また、契約機であれば土日祝日も稼動しているので便利です。

キャッシングの審査を日曜日に受ける

キャッシングは一度契約しておけば、いつでもどこからでもカードを使って融資を受けることができる便利なアイテムですが、急に日曜日にお金が必用になり、銀行は利用できないといったときキャッシングを利用すればキャッシュカードの利用手数料よりも低い金利でお金が借りられます。
キャッシングは土日でも審査をおこなっているため、土曜日や日曜日でも審査を受けられます。
審査時間はそれぞれのキャッシング会社で違いが有るので審査時間を調べる必要があり、審査に通ればすぐに振込をしてもらえます。一般の銀行は営業時間外なので振込はできませんがキャッシング会社の提携銀行やネット銀行に口座があればいつでも振込が可能で、インターネットから申込を済ませ、仮審査まで終わっていれば、近くにある無人契約機や店舗へ行き本審査を受け、審査に通ればカードの発行をしてもらえるとATMからお金を引き出せます。
キャッシングの金利も以前と違い、低くなっていて、たとえば日曜日に5万円を借りて月曜日に返すと金利はわずか50円で、ATMの利用手数料より安い金利で借りられます。
日常生活をしていると、急にお金が必用になるときが何度かあると思いますが、そんなときの為にあらかじめインターネットなどを駆使してキャッシング会社を調べ、自分の状況にあったキャッシング会社を選び、事前に契約をすませておけばいざというとき、あわてなくても処理ができます。キャッシングは利用しなければおまとめローン金利も会費も必要ないので、この際申込を検討されてはどうでしょうか。

女性でも安心レディースキャッシング

キャッシングを利用することに抵抗感を持つ女性はいまだに少なくありません。はじめてで勝手がわからないというのも原因の一つですが、男性オペレーターに対応されることに恐怖感を感じる方もいます。そういった女性利用者のために、多くの消費者金融で女性を対象としたレディースキャッシングを提供しています。このレディースキャッシングを利用している方は非常に多く、女性利用者の拡大にもつながっています。
レディースキャッシングの主な特徴はオペレーターが全員女性であるということが挙げられます。男性と専門的な話をするのは気が引けるという方でも安心です。対応もやわらかく、わからないことや不安点なども丁寧に教えてくれるので、疑問点が解決されないまま契約してしまうというリスクや、それに伴うトラブルを防ぐことができます。
商品自体は通常のキャッシングと同じで、学生ローン金利やサービス、使い方に違いはありません。申し込みはインターネットや電話でできますし、借入や返済はコンビニやATMで簡単にできます。また、自動引き落としにも対応しているので忙しく時間がなくても設定した返済日に自動で引き落とされます。女性専用のお問い合わせダイアルもあるので、聞きたいことがあればいつでも問い合わせることができます。
このレディースキャッシングを利用できるのは満20歳以上で安定した収入がある方となっています。安定した収入があれば主婦の方でも利用でき、配偶者の同意書も必要ありません。また、平日の2時までに審査を完了させれば即日融資を受けることができます。

専業主婦の選ぶ消費者金融

ひとつ前のページで専業主婦でも借り入れることのできるおまとめローン消費者金融会社があることについて少し触れましたが、そのような金融会社の紹介ページになります。
日々、家計のやりくりに奮闘されている専業主婦の皆様のお役に立つことができるのであれば何よりです。
また、日々の生活費への利用はもちろんのことですが、ご結婚をなさると以後、冠婚葬祭にたずさわることも非常に増えていくことと思います。そして冠婚葬祭はいずれにしてもまとまったお金が入り用になるというのも、生々しい話ではありますが、事実です。
そのようなときに役立つのは、消費者金融会社による冠婚葬祭用プランです。冠婚葬祭用と使用用途が決まっている分、金利も安くなっておりますので、ぜひお困りの際にはご検討してみてください。

・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
銀行が大元であるカードローンバンクイックです。
こちらでは、専業主婦の方ですと最大30万円までという限られた融資にはなりますが、審査の上で専業主婦であっても融資可能となっております。

・ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」
こちらもまた銀行が大元であるため安心のカードローンです。
夫の収入証明書類の提出が必要にはなりますが、専業主婦の方でも申し込みが可能になっています。
現在2014年1月14日から、2014年6月30日までの期間限定ではありますが、初回利用に限り100日間の無利息キャンペーンを実施しております。

銀行、消費者金融、キャッシングの金利とは?

行政が行っている生活福祉資金貸付制度のように無金利でもない限り、消費者金融も銀行も、クレジットカードでのキャッシングにも金利があります。
キャッシングの金利とはいったいどんなものなのでしょうか。

公式ホームページを覗いてみると金利が必ず書かれています。
それは金利という表記ではなく、実質年率や借入利率などさまざまな呼び名になっていることがありますが、金利であることに変わりはありません。
金利とは借入金がに対して年間でいくらの利息を支払うのかという割合になります。
そのため実質年率や借入利率とも呼ばれているものです。

金利が幅があり、その幅が消費者金融や銀行の特徴になっています。
消費者金融では上限金利が18.0%であることが一般的となっており、銀行は15.0%を超える金利は高いとされています。
また消費者金融はどの金利が適用されるのかは明確にはなっておらず利用してみなければ判明しない現状となっていますが、銀行は融資限度額によって決められた金利がありそれを公開しています。

まとめてみましょう。
銀行の金利です。
・15.0%以上は高金利となる
・融資限度額によって金利が決まる
消費者金融の金利です。
・上限金利は18.0%になる
・利用しなければ適用金利はわからない

利息を支払うために金利を使って計算をすることとなります。
返済をするためには金利が低ければそれだけ利息が小さくなります。
金利の比較は重要ではありますが、借り入れ金額によっては影響がない場合もありますし、一回の返済で済むような借り入れ金額の時には無利息期間のあるキャッシングも有効です。