All Posts

キャッシングの審査を日曜日に受ける

キャッシングは一度契約しておけば、いつでもどこからでもカードを使って融資を受けることができる便利なアイテムですが、急に日曜日にお金が必用になり、銀行は利用できないといったときキャッシングを利用すればキャッシュカードの利用手数料よりも低い金利でお金が借りられます。
キャッシングは土日でも審査をおこなっているため、土曜日や日曜日でも審査を受けられます。
審査時間はそれぞれのキャッシング会社で違いが有るので審査時間を調べる必要があり、審査に通ればすぐに振込をしてもらえます。一般の銀行は営業時間外なので振込はできませんがキャッシング会社の提携銀行やネット銀行に口座があればいつでも振込が可能で、インターネットから申込を済ませ、仮審査まで終わっていれば、近くにある無人契約機や店舗へ行き本審査を受け、審査に通ればカードの発行をしてもらえるとATMからお金を引き出せます。
キャッシングの金利も以前と違い、低くなっていて、たとえば日曜日に5万円を借りて月曜日に返すと金利はわずか50円で、ATMの利用手数料より安い金利で借りられます。
日常生活をしていると、急にお金が必用になるときが何度かあると思いますが、そんなときの為にあらかじめインターネットなどを駆使してキャッシング会社を調べ、自分の状況にあったキャッシング会社を選び、事前に契約をすませておけばいざというとき、あわてなくても処理ができます。キャッシングは利用しなければおまとめローン金利も会費も必要ないので、この際申込を検討されてはどうでしょうか。

女性でも安心レディースキャッシング

キャッシングを利用することに抵抗感を持つ女性はいまだに少なくありません。はじめてで勝手がわからないというのも原因の一つですが、男性オペレーターに対応されることに恐怖感を感じる方もいます。そういった女性利用者のために、多くの消費者金融で女性を対象としたレディースキャッシングを提供しています。このレディースキャッシングを利用している方は非常に多く、女性利用者の拡大にもつながっています。
レディースキャッシングの主な特徴はオペレーターが全員女性であるということが挙げられます。男性と専門的な話をするのは気が引けるという方でも安心です。対応もやわらかく、わからないことや不安点なども丁寧に教えてくれるので、疑問点が解決されないまま契約してしまうというリスクや、それに伴うトラブルを防ぐことができます。
商品自体は通常のキャッシングと同じで、学生ローン金利やサービス、使い方に違いはありません。申し込みはインターネットや電話でできますし、借入や返済はコンビニやATMで簡単にできます。また、自動引き落としにも対応しているので忙しく時間がなくても設定した返済日に自動で引き落とされます。女性専用のお問い合わせダイアルもあるので、聞きたいことがあればいつでも問い合わせることができます。
このレディースキャッシングを利用できるのは満20歳以上で安定した収入がある方となっています。安定した収入があれば主婦の方でも利用でき、配偶者の同意書も必要ありません。また、平日の2時までに審査を完了させれば即日融資を受けることができます。

専業主婦の選ぶ消費者金融

ひとつ前のページで専業主婦でも借り入れることのできるおまとめローン消費者金融会社があることについて少し触れましたが、そのような金融会社の紹介ページになります。
日々、家計のやりくりに奮闘されている専業主婦の皆様のお役に立つことができるのであれば何よりです。
また、日々の生活費への利用はもちろんのことですが、ご結婚をなさると以後、冠婚葬祭にたずさわることも非常に増えていくことと思います。そして冠婚葬祭はいずれにしてもまとまったお金が入り用になるというのも、生々しい話ではありますが、事実です。
そのようなときに役立つのは、消費者金融会社による冠婚葬祭用プランです。冠婚葬祭用と使用用途が決まっている分、金利も安くなっておりますので、ぜひお困りの際にはご検討してみてください。

・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
銀行が大元であるカードローンバンクイックです。
こちらでは、専業主婦の方ですと最大30万円までという限られた融資にはなりますが、審査の上で専業主婦であっても融資可能となっております。

・ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」
こちらもまた銀行が大元であるため安心のカードローンです。
夫の収入証明書類の提出が必要にはなりますが、専業主婦の方でも申し込みが可能になっています。
現在2014年1月14日から、2014年6月30日までの期間限定ではありますが、初回利用に限り100日間の無利息キャンペーンを実施しております。

銀行、消費者金融、キャッシングの金利とは?

行政が行っている生活福祉資金貸付制度のように無金利でもない限り、消費者金融も銀行も、クレジットカードでのキャッシングにも金利があります。
キャッシングの金利とはいったいどんなものなのでしょうか。

公式ホームページを覗いてみると金利が必ず書かれています。
それは金利という表記ではなく、実質年率や借入利率などさまざまな呼び名になっていることがありますが、金利であることに変わりはありません。
金利とは借入金がに対して年間でいくらの利息を支払うのかという割合になります。
そのため実質年率や借入利率とも呼ばれているものです。

金利が幅があり、その幅が消費者金融や銀行の特徴になっています。
消費者金融では上限金利が18.0%であることが一般的となっており、銀行は15.0%を超える金利は高いとされています。
また消費者金融はどの金利が適用されるのかは明確にはなっておらず利用してみなければ判明しない現状となっていますが、銀行は融資限度額によって決められた金利がありそれを公開しています。

まとめてみましょう。
銀行の金利です。
・15.0%以上は高金利となる
・融資限度額によって金利が決まる
消費者金融の金利です。
・上限金利は18.0%になる
・利用しなければ適用金利はわからない

利息を支払うために金利を使って計算をすることとなります。
返済をするためには金利が低ければそれだけ利息が小さくなります。
金利の比較は重要ではありますが、借り入れ金額によっては影響がない場合もありますし、一回の返済で済むような借り入れ金額の時には無利息期間のあるキャッシングも有効です。